2012年05月22日

幸せの自覚

折りにふれて、想像します。
今あるものを、なくすかもしれないこと。

そばにいる人。視力や手足。

その恐ろしさに震撼し、そうでない今を感謝します。

なくしてはじめてわかる幸せ、なんて手遅れは欲しくない。
日々かみしめ味わい生きること。
それだけで幸せは割と簡単に手に入るし、イライラも後悔も少なくなると思います。
posted by 綾姫 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然雑記